こんばんは。
天音です。

今日は暑いくらいの日差しで
半袖の人もちらほら。
出張の為に電車に乗ると春休みのせいかいつもよりも人が多くて
とても活気があって、ようやく冬を抜けたように感じました。

卒業式も終わりましたし
4月から一気に動きだしそうなワクワクとした感じを覚えます。

新しい一歩を踏み出すのに気持ちの切り替えはもちろん大切ですが
身体の切り替えも大切です。

この時期、
身体は春、そして梅雨〜夏の季節に体温調整や水分代謝などをスムーズに行うために
排出しやすい身体へと変化しています。

排出がしやすい身体というのは
骨盤が緩んでいくんですね。
正確に言うと骨盤だけでなく、頭蓋骨も緩みます。

なので、骨の可動性が減少している場合
排出ができずに身体はとてもしんどい状態です。

先日、体調を崩した私もまさしくその状態でしたね。

さて、今日はこの時期に「自分の身体をなんとかせねば!」
とオステオパシーを受けにきてくれたK君のお話しを紹介します。

18歳の頃からサロンに通っているK君。

ここ2年ぐらいは、半年に一度のペースでサロンに来て
近況報告をして、身体を整えていたのだけど
去年の7月あたりにきたときはちょっと気になる症状がいくつかありました。

姿勢はずいぶんと前のめりになり、
暑さのせいもありアトピーも悪化していました。

話しているときも、
頭がまわってないような整理されていないような
以前あった時には感じなかった違和感を感じました。

オステオパシーの施術のあとは
確かに顔色も良くなり、身体にも柔軟性が戻っていたけれど
一度の施術だと改善は難しいなと感じて別れた記憶があります。

そこからまた半年が経って
K君からもらったオステオパシー施術の予約のメールには

「自分をリセットしたい」と書かれていた。

もともとバスケットをやっていた彼。
身体のケアにはかなり意識を向けていて2年前までは毎月というぐらい
サロンに来ていました。

K君は、身体が動かなくなってきているのと同時に、
思考も現実も動かなくなってきていることにどうやら気がついたらしいのです。

身体って本当に賢くて
思考や感情では抑えきれない何かをちゃんと症状として表してくれます。

身体の声に
耳を向けたときに見えてくるもの、聞こえてくるものは嘘がない。

「自分をリセットしたい」

春になって身体が開いていくタイミングでそう感じた彼の感覚は
すばらしい感覚ですね。

半年ぶりに会ったK君に会ってまず気になったのは
アトピーの症状でした。

額が真っ赤にはれあがっていて
前頭骨もやたらと前にとがっていて見るからに熱がこもっているようでした。

話していても、会話がうまくかみあわなかったり。。。

オステオパシー施術は
身体の全面の膜の調整をするのだけど
もうすでにこの時点から膜がカチカチで(汗)

身体全体が強く緊張していました。

胸骨もしめつけるように硬く
呼吸もずいぶんと浅くなり、頭は熱をもっていて。

今回ばかりはK君本人も一度の施術では無理だと思ったようで
3週間後に自ら予約をいれて帰りました。

それから、3週間後に再び来店。
額のアトピーはすっかり引いていて、他の部分もアトピーの症状が軽くなっていました。

「肌に潤いがでてきました(笑)」と女子のようなK君。

前回の施術後に身体も動かしやすくなり
運動量も増やしたそうです。

オステオパシーの施術を受けるまでは
トレーニングをする気持ちにすらなれなかったそうです。

K君は環椎後頭関節をリリースして
しっかりと静脈洞のテクニックを施したことで
頭蓋内のうっ血をとることができたようです。

頭蓋の静脈は身体の他の部分との静脈とは異なり
弁がありません。

また収縮して血流を促すような、
筋肉の筋緊張や平滑筋がありません。

頭蓋内の静脈洞は硬膜で作られているので
硬膜の状態や頭蓋骨の障害により排出が妨げられてしまうのですね。

静脈の排出が妨げられると
偏頭痛や躁鬱、行動障害などの症状が出る場合があります。

K君がトレーニングをする気持ちにすらなれなかったというのも
影響を受けていたのかもしれません。

頭がまわらない
会話が噛み合わない

そんなふうに私が感じたのも
身体や頭蓋内の状態が影響していたのでしょう。

2回目の施術が終わると
K君は自分でもリセットがかかったのを感じたようでした。

若さだなー(笑)

また次回お会い出来るのを楽しみにして
私はまた勉強に励みます!

ではでは、今日はこのへんで。
ありがとうございました。

クラニオセイクラルオステオパシー ヒックエトヌンク
天音美保

 

 

1+