女性の不調は、外から見てもわからないもの。辛い症状を一人で抱え込まずに、まずはご相談ください。

自律神経失調症

過度のストレスやハードワーク、生活習慣の乱れ、予期せぬ環境の変化などに対し、これ以上無理をしないようにという身体からのサインが自律神経失調症です。
病院の検査でも原因が見つからないことが多く、肩こり、頭痛、頭が重い、手足のしびれや痛み、手足が冷える、腹痛、情緒不安定といった症状は長引くことが多くあります。
クラニオセイクラルオステオパシーは自律神経系の調整を行いバランスを取り戻すように働きかけをします。

脳疲労・慢性疲労

頭がすっきりせずに、もやもやする。頭が重い、集中できない等。過度なストレスから脳が疲労した状態になると前頭前野の情報処理機能全体が低下し、日常生活に影響を与えます。また、十分な休養をとっても回復しない慢性的な疲労は放っておくと、認知機能の低下や起立不耐症(身体が横になっている状態から立位へと動かした時に、心臓に戻る血液量が著しく減少して、立ちくらみや失神などの症状が現れる)などの症状を引き起こします。

+1