天音です。

先日書いたブログ
身体の構造が整うと自然とエネルギーも整う

の続きになります。

身体の構造が整うと自然とエネルギーが整うことを
先日、身を以て知った私ですが

その経緯をお話ししたいと思います。

オステオパシーを学び始めた時
オステオパシーの施術はどんなものだろうと思い

自ら施術を受けに行き、
その時から定期的に施術を受けています。

なのでもう、2年8ヶ月ぐらい
毎月1度はオステオパシーやクラニオセイクラルの施術を
受けていることになります。

14年ほど前になりますが
セラピストになり始めの頃

痩身エステで勤めていた私は力を込めて
脂肪を押し出すようなトリートメントをしたり
(そんなことをしても全く痩せませんが・・・)

長時間の勤務で身体を壊してしまい
まともに歩くこともできないほど腰を痛め
水道の蛇口がひねれなくなるほど
右手を痛めてしまいました。

その後もPCで画像処理をする仕事についたとき
マウスの使いすぎで再び右手を痛め

そこからは
使いすぎるとすぐに右手が
動きづらくなるようになりました。

商売道具なのに・・・です。

他にも色々な症状がありました。

 

 

クラニオセイクラルオステオパシーを
初めて受けてくださる方には

いくつかの問診をさせていただいています。

いつ頃から症状が出ているのか?
大きな病気や怪我をしたことはないか?
高いところから落ちたことはないか?
身体を強く打ったことはないか?

生まれた時の状態や
お腹にいたときのお母さんの状態まで
時間を巻き戻しながら
なるべく詳しく聞かせていただいています。

この問診を私自身にすると
実は高いところから何度も落ちていまして(苦笑)

子供の頃

外階段から落ち
右頭部を4センチほど縫う怪我をしたり

鍵を忘れてしまい
2階から家に入ろうとして
足を踏み外し背中から落ちたり

ブランコからダイブして
顔面から落ち、2ヶ月ほど病院に通ったり

極め付けは
走り幅跳びの自主練習を
掘りおこしていない硬い砂でしてしまい

着地と同時にものすごい勢いで
後ろに滑り仙骨を強打。

そのまましばらくは放心状態で
冷たい砂場で一人倒れたまま・・・

痛くて声もでませんでした(涙)

1週間ほどまっすぐ立つこともできなくなったりと
あちこち身体を打ち付けています。

皮膚疾患もあり
自律神経も壊し
精神面でも不安定な時期がありました。

生まれたときの環境も
よくなかったですしね。

身体の不調の原因が
いくつも複雑に絡み合っているので

それらを紐解いていくのは
時間がかかります。

また、強い恐怖や感情を伴った傷は
跡に残りやすいと言われています。

なので、私自身の場合も
身体・精神・霊性を1つのユニットとして
治療し、解放していく必要があるのです。

だからこそ、
オステオパシーなんですよね。

オステオパシーに出会う前の私と比べたら
いまの私は別人というくらい元気です。

年齢と反比例しながら
身体も精神も健康になっていくのが面白いくらいで
マインドも日に日に変化しています。

そして先日、ある方の施術を受けたあとに
ちょっとした変化が起きたのです。

前置きが長くなりすぎてしまいました(汗)

次のブログでまた続きは書きますね。

 

0