クラニオセイクラルについて

クラニオセイクラルはオステオパシー中の頭蓋の手技になります。

頭蓋だけの施術ではなく
脊柱や隔膜、内臓の調整等を行ってからから頭蓋、仙骨の調整をし
身体を機能させます。
※リラクゼーション目的のクラニオセイクラルセラピーではありません。
クラニオセイクラルオステオパシーは以下の症状の改善に役立ちます。
成人
・気管支喘息
・アトピー性皮膚炎
・偏頭痛・頭痛・顔面痛
・内臓の機能障害(消化不良・便秘・機能低下等)
・自律神経系の障害
・気持ちの浮き沈み
・腰痛・膝痛などの疼痛
・エネルギー不足
・睡眠障害 
・更年期障害 
・慢性疲労
・不定愁訴
・心身のトラウマ
・健康維持・免疫力の向上
・術後の回復
 小児 
・学習障害
・多動 
・集中力欠如
・自閉症 
・バーストラウマのリリース
☆お子様の健やかな成長のためにも定期的なケアをオススメします。
  

脳脊髄液について

・脳脊髄液の作られ方       

脳脊髄液は脈絡叢で1日に400~500ml産生されます。
脳脊髄液の総量は        平均130~150mlなので、1日数回入れ替わる。
脳脊髄液は水様透明で、ごくわずかの細胞、タンパク質、糖を含みます。
脈絡叢は側脳室、第3脳室、第4脳室にあります。
クラニオセイクラルオステオパシーはこの第4脳室にアプローチをかけ
脳脊髄液の産生を促します。
・脳脊髄液はどこを循環するの?
脳脊髄液は第4脳室から第4脳室外側口と第4脳室正中口を通ってクモ膜下腔を満たします。
また正中口から脊髄の中心菅にも流れ込みます。
クモ膜下腔に出た脳脊髄液は静脈内に流れ込み全身に巡ります。
・まだまだ知られていない 大切な脳脊髄液の役割
① 脳、脊髄の保護作用 (脳脊髄液がクッションの役割をしています)
② リンパ組織としての役割  (脳の疲労を取り除き、神経系を修復します)
③ 鎮静作用  (炎症を抑えます)
④ 栄養物質の輸送
⑤ 中枢神経系の保護の役目や機能の維持